現在利用可能:自動要素管理、構成可能なダッシュボードなどを備えたVistara 3.4

Configurable dashboard for IT operations management

Vistaraは、次の新しい拡張機能を含むVistara3.4の提供を発表できることを嬉しく思います。

継続的な要素の発見

IT運用管理はますます動的になっています。以前は、IT管理者だけが新しいインフラストラクチャ要素をプロビジョニングできました。最新のIT組織は、基幹業務ユーザーがオンプレミス、プライベートクラウド、およびパブリッククラウドで仮想インフラストラクチャ要素をプロビジョニングして、IT運用管理のための応答性の高いセルフサービスモデルを実現できるようにします。その結果、今日のIT組織は、物理的および仮想的で、オンプレミスおよびクラウドベースであり、IT管理者または基幹業務ユーザー自身によってプロビジョニングされるインフラストラクチャ要素を生産的に管理することがますます求められています。

基幹業務ユーザーがオンプレミスまたはプライベートクラウドまたはパブリッククラウドで新しいインフラストラクチャ要素をプロビジョニングできる場合、IT部門は適切な管理テンプレートが新しい要素に適用されていることをどのように確認できますか? Vistaraは現在、ITによって定義されたスケジュールで新しいインフラストラクチャ要素を継続的に検出し、新しく発見された要素をIT管理者に提示して、新しく発見された要素の管理方法を選択できるようにします。

自動ポリシーベースの要素管理

生産性を最大化するには、IT組織は、自動的に検出された新規または既存のインフラストラクチャ要素の管理を自動化する必要があります。 Vistaraを使用すると、IT管理者は、新しく発見された、または既存のインフラストラクチャ要素に対して次のアクションを実行するルールを定義できます。

  • 要素を論理グループに割り当てて、特定のビジネスユニット、サービス、またはアプリケーションに関連付けることができます。
  • 要素を物理サイトまたは仮想サイトに割り当てることができるため、IT部門は、要素がどのデータセンター、オフィス、プライベートクラウド、またはパブリッククラウドに属しているかを認識し、同じサイトの他の要素と一緒にそれらを管理できます。
  • 標準の監視テンプレートをデバイスに適用して、IT部門が内部ポリシーで指定されたデバイスのすべての属性を監視できるようにすることができます。

ルールは、要素タイプ、要素モデル、カスタム属性、またはオペレーティングシステムに基づいて、要素に一致またはスキップできます。値は、お気に入り、好きじゃない、含まれています、含まれていません、で始まる、で終わる、で始まらない、またはnotで終わる演算子を使用して比較できます。

継続的な要素の発見と自動管理の実例

IT管​​理者が、新しく発見された要素またはこれまで管理されていなかった既存の要素を自動的に管理するために定義できるルールの例を次に示します。

  • アマゾンウェブサービスイーストコーストリージョンで新しいインスタンスが検出された場合は、それを論理AWS-East-Coastサイトに追加します。
  • Windows Server 2012を実行している新しいインスタンスが検出された場合は、Windows Server 2012監視テンプレートを適用して、Windowsの主要なパフォーマンスインジケーターを監視します。
  • 名前が「web」で始まる新しいDellサーバーが見つかった場合は、それをWebサーバーグループに追加して、IT管理者がITインフラストラクチャ階層を参照し、他のすべてのWebサーバーとともにリストに表示されるようにします。

要素を継続的に検出して自動的に管理する機能により、要素が絶えず動的に追加および削除されるクラウドおよび仮想化環境でインフラストラクチャ要素を効率的に管理できます。

構成可能なダッシュボード

個々のIT管理者は、カスタムダッシュボードを定義して、自分の責任に焦点を合わせたヘッドアップディスプレイを提供できる必要があります。ほぼすべての顧客がIT管理者にヘッドアップディスプレイを提供したいと考えているため、ログインするとすぐに組織の最も重要な指標に注意が向けられます。Vistaraでは、各ユーザーがダッシュボードをカスタマイズして、選択したウィジェットを表示または非表示にできるようになりました。選択した順序で。たとえば、レベル1の管理者は、自分が担当するデバイス、アラート、およびチケットのステータスにダッシュボードを集中させることができ、ITマネージャーは全体的な運用の健全性に集中することができます。

configurable dashboard for IT operations management

IT管​​理者は、ITインフラストラクチャがどのように接続されているかを一目で確認できるように、WANリンクのグローバルビューを必要としています。 Vistaraでは、ネットワークデバイス上のWANリンクを簡単に識別し、接続、購入速度、コミット済み情報レート、超過情報レートなどの追加プロパティを指定できるようになりました。新しいWANダッシュボードにより、管理者は環境内のすべてのWANリンクを表示できます。また、Vistaraのネットワーク統計レポートが拡張され、すべてのWANリンクに関する標準レポートが提供されるようになりました。

WAN Link Management

営業時間とアラートビューのアラート管理の機能強化

好むと好まざるとにかかわらず、ネットワークオペレーションセンターのコアアクティビティの1つは、アラート管理です。 Vistaraは、アラート管理のすでに堅牢なサポートに、営業時間インジケーターとユーザーごとのアラートビューという2つの新機能を追加しました。

多くの場合、顧客の営業時間中に発生するアラートは、夜間や週末に発生するアラートよりも緊急に対処する必要があります。 Vistaraのアラートブラウザは、顧客の営業時間中にトリガーされたアラートを示す営業時間インジケータを備えています。 IT管​​理者は、1日のどの時間を営業時間と見なすかを定義できます。

企業は、ビジネスユニットごとに営業時間のスケジュールを指定できます。マネージドサービスプロバイダーは、顧客ごとにこれらの定義を作成できるため、異なるタイムゾーンまたは異なるスケジュールの顧客が適切に処理されます。

Vistaraのアラートブラウザは、ネットワークオペレーションセンター、ビジネスユニット、顧客、物理サイトまたは論理サイト、デバイスグループ、デバイスタイプ、ホスト名、アラートの優先度、アラートタイプ、日付などによるアラートのフィルタリングを強力にサポートしています。 IT管​​理者は、将来の使用に備えて、アラートフィルタリング基準の最大5つの組み合わせを「アラートビュー」として保存できるようになりました。たとえば、次のアラートを表示するフィルター設定を作成できます。

  • ネットワークデバイスに関するアラート
  • Windowsサーバーのアラート
  • サンノゼのアラート

IBMStorwizeおよびHPEVAストレージアレイのサポートの強化

Vistaraは、IBMStorwizeおよびHPEVAストレージアレイのサポートを改善しました。これには、ストレージプロセッサ、ボリューム、LUN、プール、ディスクなどのシステムのすべてのコンポーネントの識別、包括的なダッシュボード、および各タイプのアレイに関するデフォルトのレポートが含まれます。

エンタープライズビジネスユニットまたはMSPのお客様向けの構成可能なレポートスケジュール

Vistaraには、堅牢な組み込みレポートのセットと、自動生成および指定されたユーザーへの電子メール送信用のレポートをスケジュールする機能がすでに備わっています。 Vistara 3.4を使用すると、企業は、指定されたスケジュールですべてのビジネスユニットに対して標準レポートを実行するように簡単に指定できます。たとえば、共有サービスITは、月の初日に、すべてのビジネスユニットが前月の主要業績評価指標を含むカスタマーエグゼクティブレポートを受信するように指定できます。同様に、マネージドサービスプロバイダーは、すべての顧客が月の3日目に独自のカスタマーエグゼクティブレポートを受け取るように指定できます。

自動化によるIT管理者の生産性の向上

IT運用管理の将来は、日常的な活動を自動化し、管理者の生産性を向上させることにあります。これにより、IT管理者は、新しいサービスの構想や利害関係者への提供など、より付加価値の高い活動に貴重な時間とエネルギーを集中できます。 Vistara 3.4は、要素の検出と管理を自動化し、個々のニーズに合わせてカスタマイズされたダッシュボードを管理者に提供し、一般的に使用されるアラートフィルターの組み合わせの保存されたビューを提供することにより、IT運用管理をこの方向に進めます。


Recommended posts