ハイブリッド可視性、自動化がイプシロンでのデジタルトランスフォーメーションを加速

OpsRampの顧客であり、成果ベースのマーケティングのリーダーであるEpsilonは、コーチ、ウォルグリーン、ダンキンドーナツ、Dell / EMCなどの有名ブランドのクライアントにマーケティングテクノロジー、ソリューション、サービスを提供しています。 2019年にPublicisGroupeによって買収されました。Epsilon 最近、そのセクターのリーダーとしてランク付けされました Forrester. ただし、成功は終わりのないゲームであり、同社は過去数年間、競争力を維持するためにレガシーITインフラストラクチャを最新化しています。 

最近公開された記事によると InformationWeek, CIOのRobertWalden氏は、4年前、ITリソースをクラウドに移行し、最終的にOpsRampに移行したため、資産管理と監視における増大する課題に対処する必要があったと述べています。 ITOM プラットホーム。以下から、抜粋を抜粋しました。InformationWeek イプシロンがどのようにOpsRampを選択したか、そしてこれまでの彼らの旅を示すために、ウォルデンとの私たち自身の会話と一緒に物語。 

イプシロンの意思決定プロセス

Epsilonはいくつかの異なる製品を検討しましたが、ベンダーから入手できる製品は、再利用された古いリソースからのものである傾向がありました。 「特に大きなプレーヤーは、さまざまなソリューションを組み合わせて、それらを互いにボルトで固定し、それを何か新しいものと呼びました」とWalden氏は言います。同社は、現代の要求を考慮に入れ、Epsilonの堅牢な資産管理の追求を実現するプラットフォームを望んでいたと彼は言います。

より多くの詳細、より詳細な情報を取得し、メタデータを添付できるようにする必要がありました。」

当時市場に出回っていた多くの資産管理ソリューションは、サービスプロバイダーではなく、従来の社内ITショップ向けに構築されていたため、問題はさらに複雑になっているとWalden氏は言います。 Epsilonは、それ自体がドメインである複数のクライアントソリューションと製品プラットフォームを使用することから生じる課題に対応できるリソースを必要としていました。 Walden氏は、情報をそれぞれのドメインに分離して分離することは有用であると述べています。これは、 AIOpsクラウドモニタリング, テーブルに持って来られました。

プロセスの変更

Epsilonが環境全体にOpsRampを実装したため、ITスタッフはプラットフォームの自動化の向上に適応する必要がありました。AIOps 機能。 Walden氏は次のように説明しています。「以前は、問題の認識と対応に、問題のトラブルシューティングを行い、実際に影響を受けているソリューションと、それを修正するために何をする必要があるかを判断するよりも時間がかかることがありました。結局のところ、これらのチームのほとんどは関与する必要がなく、プロセスに時間がかかりすぎました。 OpsRampを使用すると、イベントはプラットフォームに即座に関連付けられ、問題に対処するために関与する必要のあるリソースのみに指示する情報とともに通知が送信されます。」

Walden氏によると、これらの新しいワークフローに適応することは努力する価値がありますが、現在OpsRampは、パブリッククラウドとそのオンプレミスデータセンター環境のすべてのデバイスを管理および監視しています。

2020年に前進

Epsilonは、Covid-19の開始に伴い作業方法を変更する必要があったため、OpsRampのパワーと柔軟性により、同社はインフラストラクチャと運用管理のスタッフとプロセスを、主にオフィスベースの従業員から現在、ほぼ完全にリモートです。 「また、パンデミックによる回復力と影響に関する懸念に、同じ高品質で運営できること、そして今後も継続できることを明確かつ簡潔に示すことで対応できたため、クライアントと利害関係者の信頼を高めることができました。サービスのレベル」と彼は言います。

イプシロンのアジャイルなクラウドベースの環境への移行は進化し続けています。たとえば、Infrastructure-as-Codeは、今日のEpsilonITの方言ではるかに深くなっています。 OpsRampとの連携は、会社の変革戦略の重要な部分であると彼は言います。彼らは、私たちの運用管理戦略の基盤となった専用のテクノロジー製品を提供しましたが、(同様に重要なことですが)可能な限り迅速かつスムーズに実装および変更できる人材と関係も提供しました。”  

次のステップ:


Recommended posts