IT連盟-CUBEのOpsRamp

ITの連合は、企業のIT運用管理の展望を変えるでしょう。 OpsRampsのCTOであるVarmaKunaparajuは、 theCubeジェフフリックStu ミニマン、エンタープライズITを形作る主要なトレンドとIT運用管理に関するOpsRampのビジョンについてEMC World 2014 先月。

最初の大きな変化は、オンプレミスのインフラストラクチャとアプリケーションのワークロードがプライベートクラウドとパブリッククラウドに移行する「インフラストラクチャのフェデレーション」です。 2つ目は、インフラストラクチャを管理する担当者が社内ITだけでなく、他の社内機能、再販業者、テクノロジーベンダー、サービスプロバイダーからも参加する「リソースのフェデレーション」です。

VarmaがtheCubeでITフェデレーション(7:53分から開始)などについて話し合うのをご覧ください!

 

 

このような地殻変動に伴い、エンタープライズITには、フェデレーションインフラストラクチャと、このインフラストラクチャをサポートするリソースを単一の運用フレームワークにまとめることができるソリューションが必要です。 OpsRampは提供します完全なIT管理 統合されたIT運用を実現するために、物理、仮想、クラウド、およびアプリケーションの要素にまたがっています。OpsRampに連絡する詳細については、今日のデモをご覧ください。

 


Recommended posts