サービスとしてのIT運用:企業における新しい変化のエンジン

IT運用チームは、デジタルトランスフォーメーションとDevOpsイニシアチブの交差点にいます。  今後のテーマガートナーIT運用サミット is 変化の岐路に立つ:敏捷性、革新性& 変身。理由は簡単にわかります。 IT運用の効率と敏捷性を推進する能力は、大企業内の変化の基盤として機能します。ガートナーのアナリスト兼会議議長のハンク・マーキスが、インフラストラクチャの理由を説明します& 運用(私& O)チームは、スキルをオーバーホールする必要があります。 "私&Oスキルのギャップは大きな問題です。 CEOがそれを呼びかけ、CIOがそれを呼びかけています。また、これらのスキルのギャップはIに存在すると言っても過言ではありません。&Oリーダーシップレベルも。 だから、私は&Oリーダーはステップアップする必要があります。チームだけでなく、自分自身の知識、スキル、能力(KSA)の変更に集中する必要があります。「」

最近、私は私といくつかの会話をしました&Oリーダーは、彼らの役割、何が変化しているか、そして最新化して可視性、速度、制御を向上させるために依存しているツールとテクノロジーについて説明します。これが私がどのように&Oチームは、デジタルトランスフォーメーションの課題に対応できます。

  1. サービスとしてのIT運用: について書かれたことがたくさんあります ビジネスとしてのCIOの役割 leader との重要性 IT支出をコスト削減ではなく、ビジネス価値に集中させる。ますます、 デジタルトランスフォーメーションへの道より優れたイノベーションと顧客満足度を提供する任務を負っているIT運用チームを介して実行されます。すべてのビジネスがソフトウェア会社になることを目指しているため、すべてのビジネスユニット、部門、および子会社が、孤立した初期段階のスタートアップビジネスとして運営されていないことが重要です。共有ITサービス これは新しいアイデアではありませんが、マネージドサービスプロバイダーの学習を借りて、IT運用を集中管理サービスとして提供するというアイデアが注目を集めています。見るナンシー・ゴーリングとの最近のウェビナーへの書き込み、451 Researchのシニアアナリスト、サービスとしての監視とサービスとしてのIT運用の両方に関する議論の要約。IT Operations as a Service
                   図1-サービスとしてのIT運用:ビジネスユニット全体に大規模な共有サービスを提供します。

  2. ローグワントゥメニー:シャドーIT」は蘇生する価値のある用語ですが、 今年、世界のパブリッククラウドサービスの支出は1,600億ドルに達します。 また、アジャイルで自律的なDevOpsチームの台頭により、IT運用の幹部は、企業全体の資産とワークロードの可視性のためのより広範なフレームワークを必要としています。 5年後フェニックスプロジェクト、企業全体の透明性と整合性が十分でない、切断されたポイントツールが爆発的に増加しています。デジタルビジネスとDevOpsの取り組みを推進するだけでなく、コストと複雑さを軽減するためのサイロを支配する柔軟なITガバナンス戦略の必要性が高まっています。

  3. DevOpsはシフトアップする必要があります: 用語 "左にシフト」とは、ソフトウェア開発チームが「品質に重点を置き、検出ではなく問題の防止に取り組み、かつてないほど早くテストを開始する」ことを意味します。しかし、DevOpsジャーニーのビジネス成果は、チェーン全体で十分に理解されていますか?多くの場合、この質問に対する答えは、「いいえ」と響き渡ります。 DevOpsは確かに「左シフト」をもたらしました。今度は「シフトアップ」する必要があります。多くのエンタープライズIT運用リーダーは、ビジネス結果へのより明確な接続のために、ビジネスサービスレベルの可視性の達成に焦点を当てるために範囲を拡大しようとしています。確立したら 適切なDevOpsメトリック、 質問は「ダッシュボードには何を表示する必要がありますか?」から変わります。 「ダッシュボードにこの指標が表示されるのはなぜですか。また、具体的なビジネス成果がどのように促進されるのでしょうか。」それはシフトアップしています。

  4. コードとしてのインフラストラクチャ: このアイデアは記事によく要約されています、 ユーバー:「コードとしてのインフラストラクチャ」が成長を促進:「この「コードとしてのインフラストラクチャ」アプローチは、変更とロールバックを自動化します。オンプレミスとクラウドの間のプラットフォーム間で監査、レビュー、調整することができます。」いつものように、マーティンファウラーに素晴らしい概要。 Infrastructure as Code(IaC)の取得に関するほとんどの議論の後に、監視ツールを統合し、新しいテクノロジーがAPIファーストであることを確認する必要性についての解説が続きます。 IaCへのアクセスは、資産とリソースの完全な可視性から始まります。それから来る ユニファイドサービスインテリジェンス. 次に、自動化と最適化が行われます。

  5. Service Providers are Service Drivers: ガートナーの著名なアナリスト、リディア・レオンは、 ノート: “クラウドに関する専門知識があまりない組織の場合は、通常、マネージドサービスプロバイダーを使用して開始し、正しい方法で作業を行っていることを確認することをお勧めします。「今日のハイブリッドITの世界では、マネージドサービスプロバイダーからマネージドクラウドプロバイダー、そして今ではハイブリッドサービスプロバイダーに移行しました。社内に持ち込むものとパートナーにアウトソーシングするものは、クラウドへの道のりの重要な要素です。そして、デジタルトランスフォーメーションの加速にどれだけ成功するかに影響を与えます。

最終的に、ITOMは再想像されています。

もちろん、これは包括的なリストではありませんが、これらのテーマは 最新のテクノロジー予測について知っておくべき5つのこと 昨年末にまとめました。企業では、ガラスの単一のペイン デジタルオペレーションコマンドセンターの必要性に進化しました。しかし、同じ古​​いIT運用管理およびIT運用分析(ITOMおよびITOA)ツールではそこに到達できないという認識が高まっています。

OpsRampでは、従来のITOMスイートから最新のクラウドプラットフォームへの移行について、ますます多くのお客様やパートナーと協力しています。これが HP / Micro Focus OperationsBridgeのお客様を支援する方法の概要 例として。

で私たちと接続してください オーランドでのGartnerITOSSサミットTwitterでフォローします 定期的な更新のため。

OpsRampの詳細と、としてのIT運用 Serviceへの変革を促進する方法については、 datasheet、私たちを見てください latest videos, or デモをスケジュールする.

Meet with OpsRamp at Gartner IT Operations Summit


Recommended posts