デジタルビジネス、アジャイル、バイモーダルルールガートナーのI&Oサミットの日

ガートナーは毎年恒例のサミット 今週、フロリダ州オーランドの晴れたオーランドでインフラストラクチャと運用のリーダーのために。 3日間で、1,000人を超えるテクノロジーリーダー、Gartnerアナリスト、およびテクノロジープロバイダーが、今日の企業で最重要事項であるITOpsのトレンドについて話し合いました。

デジタルビジネス

サミットの基調講演は50,000フィートの視野で始まりました。私たちはデジタルビジネスの時代に移行しています。ガートナーの副社長クリスハワードは、次のような高尚な理想を宣言しました データ、コンピューティング、ビジネスプロセス、キューブ居住者、IT分野の解放だけでなく、今日の本番環境での実際の例も示してくれました。 拡張現実水処理プラントでは、エンジニアはデバイスの履歴を「見る」ことができ、 センサー オフショアの石油リグでは、IoTとビッグデータ分析がエッジで統合されています。 デジタルテクノロジーがポリシーを上回っているため、データ収集とプライバシーの倫理に関する議論が急務となっています。 

デジタルビジネスは、エンドユーザーエクスペリエンスとITへの期待に大きな影響を及ぼします。デジタルエクスペリエンスを提供するためのIT運用の役割とリーダーシップは、かつてないほど重要になっています。 Gartner IOM 2015は、デジタルビジネスで成功するためのスピードと柔軟性を受け入れるためにITが何をする必要があるかについてのすべてでした。

Agile

サミットで流行語のビンゴをプレイしていた場合、「アジャイル」と「DevOps」はあなたに勝つチャンスを与えてくれます。 ITは より速く、より応答性が高く、スケーラブル 今日のビジネス要件を満たすために。多くの会話は、組織が実行率ビジネスを実行しながらこの移行を行う方法に集中しました。ある世論調査では、圧倒的74%が、DevOpsが私に最大の影響を与えると述べました&今後3年間でO.
DevOps Will Have The Greatest Impact on I&O
多くの企業がDevOpsを実験しており、一部の企業は本番環境でDevOpsを使用しています。 DevOpsは、6つの会議トラックすべてに浸透しました。クラウド、SDN、およびサービスデスクでのセッションでさえ、より機敏になり、「モード2」で動作することについて話しました(以下のバイモーダルITの詳細)。アナリストのVivekBhallaは、SDNへの大々的な推進は、俊敏性の向上に対する最大の障壁であるネットワークプロビジョニング時間を短縮することです。。敏捷性のテーマは私に浸透し続けます&しばらくの間、対話があります。

バイモーダル

大企業は、レガシーの本番環境をすべてのクラウドのDevOps環境に移行することはできません。企業は、迅速なイノベーションを必要とするプロジェクトのアジャイル開発を試験的に行いながら、既存のIT環境を段階的に改善しています。これを説明するためのGartnerのフレームワーク「両方を行う」 戦略はバイモーダルIT-ITコアを刷新し(モード1)、新しいアジャイルな方法を採用します(モード2)。

前年とは異なり、 モード2はこれまで以上に普及しています。ある調査では、投資の優先順位としてITILが数年前の90%から今年は58%に低下し、トップのDevOpsに追い抜かれました。エンタープライズITがモード2を大規模に運用するかどうか、またどのように運用するかを確認するのは興味深いことです。

新しい種類のリーダー

従来の企業がWeb規模のITショップ(Google、Facebook、Amazon)が持っているものを達成するための最大の障壁は何ですか? 70%の参加者が「イノベーションとリスクに報いることのない企業文化。" 私&Oの幹部は、テクノロジーのリーダーシップを確立するための人々とプロセスの変化を推進するために自分たちの仕事が切り取られていることをよく知っています。
Start Your Change Management Initiative With People
サミットでの2つのゲスト基調講演は、より良いコラボレーションと変化への影響を与える方法についてであったことを物語っています。 DanielPinkとGaryBradtは、状況認識のためのツールをITリーダーに提供するための素晴らしいセッションを主導しました。参加者は、高性能のリーダーシップと新しい利害関係者との効果的な連携について学びました。

ガートナーのアナリスト、タパティ・バンドパディヤイは次のように述べています。ウルフI&Oリーダー」両方になることができます攻撃的で説得力がある 彼らのリーダーシップで。この新しいITリーダーは、チームに焦点を合わせたコネクタであり、アジャイルな方法で機能します そして、デジタルビジネスを実現するために組織の変化を推進します。

オタクになるには絶好の機会です

ガートナーのクリスハワードは、この考えで冒頭の基調講演を締めくくりました。私もそうです。テクノロジーは、人々が物事、情報、および相互にやり取りする方法を変えています。デジタルビジネスとは、テクノロジーを日常生活に適用して、新しい方法で物事を行うことです。どれだけ涼しくなりますか?

デジタルビジネスには多くの課題がありますが、ITに携わるのはエキサイティングな時期であり、オタクになるのに最適な時期です。


Recommended posts