OpsRamp 2019年8月:アラート管理、AIOps、クラウドモニタリング、統合、API

The 2019年夏のリリース 紹介された: OpsQ監視モード学習ベースの自動アラート抑制 などなど OpsRampプラットフォームの更新。 

今週、すべてのOpsRampのお客様は、2019年8月のリリースに更新されます。お客様とパートナーは、リリースノートのすべての詳細を確認する必要があります。今月の新機能の概要は次のとおりです。

アラート管理とトポロジマップ

監視モードがアラートエスカレーションおよびファーストレスポンスポリシーで使用できるようになりました

OpsQは、OpsRampのインテリジェントなイベント管理、アラート相関、および修復です。 AIOps 解決。 OpsQ Observed Modeは、インシデント管理チームが、実稼働環境でOpsRamp機械学習アルゴリズムを有効にする前にその精度を評価するのに役立ちます。監視モードは、OpsQが有効になっている場合に行うアラート相関の決定を示すシャドウ推論を作成します。

アラートエスカレーションポリシーで監視モードを有効にすると、監視ステータスのアラートが作成され、インシデントのルーティング、優先順位付け、分類に関する推奨事項が表示されます。 

監視モードを適用すると、First Responseポリシーは、OpsRampが推奨するアラート抑制を使用して監視モードでアラートを作成します。監視モードポリシーで作成されたすべての推論とアラートには、 観察されたアラートの現在のステータスとして。このステータスにより、検索とレポートが簡素化されます。アラートブラウザフィルターで現在のステータス=監視済みを使用すると、監視済みステータスのすべての監視済み推論とアラートを見つけることができます。

Alert-Escalation

アラート相関の更新 & 機能強化 

  • サイト名 &領域名前 わかっている 相関: 共起ベースのアラート相関では、相関でsiteNameとregionNameが考慮されるようになり、アラート相関の精度と有効性が向上し、より効果的な相関アラートが提供されます。
  • トポロジと依存関係を意識した相関関係: ユーザーはアラート相関を有効にできるようになりました  アラートをクラスタリングおよび相関させるときに、依存関係とトポロジの関係を考慮に入れます。これは、最終的に相関するアラートがユーザーに影響を与える可能性が高くなり、無関係なアラートがクラスター化される可能性が低くなることを意味します。

Alert-Correlation

トポロジマップの視覚化の改善

OpsRampプラットフォームを使用すると、すべてのハイブリッドITリソースをオンボーディングして追跡できます。 Topology Explorerは、検出されたIT資産を動的に取得し、ITサービスのインフラストラクチャの依存関係と相互接続を理解するのに役立ちます。 Topology Explorerは、ハイブリッドインフラストラクチャエステートの詳細な影響分析と迅速なトラブルシューティングを提供します。 

トポロジマップの視覚化が改善され、大規模なトポロジを簡単に表示およびナビゲートできるようになりました。これは、問題のあるリソースにスナップする機能により、イベントの根本原因の検索に費やされる全体的な時間を削減できる大規模なVPC、サブネット、またはvCenter環境にとって重要です。

Visualization-of-Topology

クラウドの監視と管理

エージェントレスカスタムモニター

エージェントレス監視は、OpsRampゲートウェイ、SSHを使用してリモートマシンを監視します。この機能拡張により、カスタムモニタリングが可能になり、サンプルコード構造が提供されるため、BASH、PYTHON、またはPERLのいずれかのスクリプトを使用して独自のカスタムモニターを作成できます。  OpsRampの詳細ハイブリッドITインフラストラクチャの監視。 

特定のリージョンのAWSディスカバリー

OpsRampはAWSクラウドの監視と管理。 2019年8月のアップデートでは、オンボードするリージョンを選択できます。デフォルト設定では、[すべて]を選択するように構成されています。 AWSでリージョンを選択する機能により、さまざまなコンプライアンス、規制、パフォーマンスの懸念事項に応じて、特定のサービスをデプロイする場所を最終決定するための意思決定プロセスの柔軟性が向上します。 

AWSランディングゾーンのサポート

AWSランディングゾーン お客様は、AWSのベストプラクティスに基づいて、安全なマルチアカウントAWS環境をすばやくセットアップできます。 OpsRampを使用すると、ユーザーはAWS Landing Zoneのマスター(支払人アカウント)の下にアカウントを自動的にオンボードします。この機能拡張により、各アカウントを個別にオンボーディングすることなく、さまざまな子アカウントに対する洞察を深めることができます。 

Googleでの他のタイプのロードバランサーの発見

負荷分散は、スケーラブルで高性能/高可用性のサービスをユーザーに提供する場合に不可欠なコンポーネントです。これをサポートするために、OpsRampはGoogle CloudPlatform内の負荷分散プロトコルを拡張して次のものを含めています。

  • TCP
  • UDP
  • SSL (プロキシー)
  • TCP (プロキシー)

これは、ユーザーがOpsRampプラットフォーム内のGCPで実行されている負荷分散インフラストラクチャを完全に可視化できることを意味します。 

統合、レポート、およびAPI

パロアルトネットワークスプリズマとの統合

パロ アルト ネットワーク プリズマ 公衆 クラウド(旧称Redlock)は、次のように利用できるようになりました。統合の監視。ユーザーは、統合時のWebhook構成によるOpsRampアラートなどのクラウド脆弱性イベントを取り込むことができます。 Redlockからアラートを取り込むことにより、ユーザーはセキュリティイベントをパフォーマンスメトリックと関連付けることができるようになり、最終的にはより包括的で包括的なプラットフォームが提供されます。 

計算 と クラウド オン ユーザー肯定をアンインストールします

この機能拡張により、コンピューティングおよびクラウド関連のインストール済み統合をアンインストールする前に、関連する確認コンテンツを提供できます。

Uninstall-Compute-and-Cloud

カスタムレポートの追加のクラウドインベントリ属性

カスタムインベントリレポートは、VPC ID、VPC名、サブネットID、サブネット名などの仮想プライベートクラウド属性を含むように拡張されています。この追加のメタデータは、クラウド環境内のネットワークコンポーネントに関する洞察をユーザーに提供し、この情報をOS、リソースタイプ、IPアドレスなどの他の重要なメタデータ。 

Additional-Cloud-Inventory

カスタムレポートのクラウドインベントリ属性

OpsRampでは、アラートの生成に使用されたソースメトリックに基づいてアラートをフィルタリングできるようになりました。たとえば、以下に示すように、メトリックフィルターを使用してカスタムアラートレポートをフィルター処理することにより、インバウンド統合失敗レポートを生成できます。

Cloud-Inventory-Custom-Reports

APIs

OpsRampsは、ユーザーがプラットフォームの主要な機能を自動化およびプログラムできるように、すでに堅牢なRESTAPIを拡張し続けています。次の新しいAPIが利用可能になりました。

  • データのエクスポート
  • ファーストレスポンスポリシー
  • 推論モデル
  • 知識ベース
  • SSO統合

リソースID属性で更新されたAPI

次のAPIが更新され、リソース名、ホスト名、およびエイリアス名が含まれるようになりました。

  • アラート
  • アラートエスカレーションポリシー
  • 自動化(パッチ管理、パッチコンプライアンス、パッチ構成、ジョブ、RBAスクリプトAPIが更新されました)
  • カスタム属性(属性APIによって割り当てられたエンティティを更新)
  • デバイス管理(デバイスグループAPIが更新されました)
  • リソース(リソースを検索し、リソースの最小限の詳細を更新する)
  • テナント(ロールAPIを更新する)
  • 発券(タスク、変更リクエストの取得、インシデントのAPIの取得と検索が更新されました)

OpsRampの顧客とパートナーは、更新されたリリースノートとドキュメントを確認するか、カスタマーサクセスマネージャーとアカウントチームに詳細を問い合わせる必要があります。こちらもご覧ください status.opsramp.com 更新のため。 

次のステップ:

cta-2


Recommended posts