OpsRampはAWSクラウド管理のサポートを拡張します

OpsRampに、EC2、EBS、ELB、セキュリティグループ、Auto Scaling、Route 53、RDS、SNSなどのAmazon Web Services(AWS)リソースのフルスタック上に構築されたクラウドアプリケーションを管理するための全機能が搭載されたことをお知らせします。 SQS、Redshift、およびDynamoDB。

クラウド環境では、複数のインスタンスが同じデバイス名、プライベートIPアドレス、仮想MACアドレス、仮想MACアドレスなどを持つのが一般的です。OpsRampはクラウド固有のメタデータを自動的に適用して、各インスタンスを一意に識別します。この機能により、お客様は同じクライアント内でそのような同一のインスタンスをいくつでも管理できるようになりました。

ハイブリッドクラウドアーキテクチャ上に構築された動的アプリケーションには、オンプレミス、プライベートクラウド、およびパブリッククラウドのリソースを管理できる単一のプラットフォームが必要です。このリリースでは、OpsRampは、ルールベースの検出と管理、サービスマップを使用したアプリケーションの視覚化、ポリシーベースのIT資産管理、および統合されたインシデントと問題の管理をAWSリソースに拡張することにより、既存のオンプレミスおよびクラウド管理機能に追加します。

OpsRampの最高技術責任者であるVarmaKunaparajuは、次のように述べています。「エンタープライズIT運用リーダーは、オンプレミスインフラストラクチャとクラウドインフラストラクチャ全体でアプリケーションの可用性とパフォーマンスを管理する単一のコマンドセンターを必要としています。 「OpsRampライフサイクル管理は、AWSクラウド管理の重要な機能を単一のインターフェースで提供します。  リアルタイムのパフォーマンス監視と、オンプレミスおよびクラウドの資産全体から要素レベルまでのトラブルシューティング機能。」

OpsRamp IT運用プラットフォームにハイブリッドクラウド管理機能が追加されたことで、IT組織は次のことができるようになりました。

  • クラウドのクレデンシャルと標準のプロトコルおよび方法論を使用して、単一のダッシュボードで複数のクラウドにわたるクラウド資産を検出および管理します。
  • ハイブリッドクラウドの資産とサービスを視覚化するための統合アプリケーションサービスマップを作成し、
  • 要素またはサービスレベルでポリシーを使用して、監視、アラーム、Runbook、パッチ適用、エスカレーションパス、資格情報、構成管理、Runbookスクリプトの自動化などのコアIT運用ライフサイクル機能を展開します。
  • リモートコンソールアクセスによる修復を含む、統合フレームワークからのオンプレミスおよびクラウドベースのリソースのインシデント、チケット、および根本原因の診断を管理します。

アマゾンウェブサービスリソースのサポートは、現在OpsRampリリース3.8.0で利用できます。 


Recommended posts