OpsRampはAmazonEventBridgeと統合され、自動化が向上します

企業は、ハイパースケールインフラストラクチャを使用してレガシーワークロードをシフトおよび変換するためにパブリッククラウドプロバイダーに依存してきましたが、ビジネスクリティカルなサービスが最適に実行されていることを確認することが重要です。クラウドイベントは、開発者とオペレーターが、さまざまなクラウドサービスでホストされているワークロードが常にどのように実行されているかを理解するのに役立ちます。 

ただし、企業でクラウドインフラストラクチャとプラットフォームサービスで複数のアプリケーションを実行している場合、このイベントストリームデータを集約、処理、分析するのは難しい場合があります。 Amazon Eventbridgeは、Amazon Web Services(AWS)クラウドリソースの変更やその他のサードパーティイベントを説明するリアルタイムのイベントストリームを提供します. Amazon EventBridge さまざまなAWSサービス間でこれらのイベントをストリーミングおよびルーティングするのに役立つ管理レイヤーとして機能します。 

Eventbridgeとは何ですか?

Amazon Eventbridgeは、リアルタイムのイベントストリームをAmazon Web Services(AWS)に配信して、データを複数のターゲットにルーティングして処理し、アクションを実行します。 EventBridgeのOpsRamp統合は、異なるソースからのイベントデータを統合し、特定のAWSEventbusにデータをストリーミングするのに役立ちます。クラウドエンジニアはデータを分析し、人間の介入なしにインシデント修復やデータ分析などの特定のワークフローアクションをトリガーします。

OpsRampEventBridge統合の構成

OpsRampプラットフォームは、150を超えるクラウドサービスを検出、監視、および管理します。 AWS, Microsoft Azure、 と Google Cloud。また、Amazon EventBridgeの統合を提供します。これにより、クラウドオペレーターはイベントストリームを作成し、このデータエクスポートをEventBridgeのターゲットの場所にルーティングできます。 EventBridgeのOpsRamp統合は、異なるソースからのデータを統合し、人間の介入なしにインシデント修復やデータ分析などの特定のワークフローアクションをトリガーするのに役立ちます。  

OpsRampのネイティブモニタリングがさまざまなAWSサービスのイベントを生成するシナリオを考えてみましょう。 ITチームは、EventBridgeを使用して、特定の手順を自動化したり、さまざまなユースケースのワークフローを開始したりできます。たとえば、クラウドオペレーターは、EC2インスタンスの自動スケーリングをトリガーし、イベントストリームをS3バケットにプッシュしたい場合があります。または、特定のイベントが発生したときにLambda関数を実行します。 

OpsRampアラートがEventBridgeにストリーミングされ、後でS3バケットに移動されるシナリオを考えてみます。 ITチームは、監視対象のイベントのS3リポジトリを作成し、これらのイベントをビジネスインテリジェンスツールにプッシュして、分析および修復アクションを実行できます。 

ITチームがOpsRampアラートをAmazonEventBridgeにストリーミングする方法は次のとおりです。  

  • 統合を有効化します。 EventBridge統合はアドオンパッケージです。お客様は、この統合をアクティブ化するために、テクニカルアカウントマネージャーに連絡する必要があります。
  • EventBridgeにアクセスします。 OpsRampポータルにログインし、に移動します セットアップ→統合→利用可能な統合→エクスポート→EventBridge 。 OpsRampは、AmazonS3やAzureBlobStorageなどの他のデータエクスポートオプションも提供します。
    Setup-Amazon-EventBridge-100
  • 構成の詳細。 EventBridgeを選択し、インストールをクリックして、AWSサブスクリプションで設定されたEventBridgeバスにアクセスするための詳細を提供します。
    • アクセスキー AWSサブスクリプションにアクセスするための一意の識別子です。
    • シークレットキー シークレットキー
    • 地域名はクラウドストレージの場所の名前です。
    • イベントバス名 OpsRampからイベントを受信するイベントバスです。
    • イベントソースルールセクションで着信イベントをフィルタリングするためのイベントパターンを参照します。たとえば、{"Source":["pattern"]}を使用して特定のイベントをフィルタリングできます。
    • 詳細タイプ 追加のフィルタリングを実行するためのパラメータです。
    • 詳細については、AmazonEventBridgeのドキュメントにアクセスしてください。https://docs.opsramp.com/integrations/aws-eventbridge/.
    Configuration-Details-100
    Configuration-Details-1-100
  • データエクスポートを構成します。 EventBridge統合を設定した後、OpsRampイベントを指定されたイベントバスにストリーミングできます。次の場所に移動して、次の詳細を入力してください セットアップ→エクスポート→ストリーミングエクスポート→クリック 追加時:
    • ストリーミングエクスポート名 ストリーミングデータを簡単に識別できます。
    • クライアント アラートをエクスポートする必要があるOpsRampテナント名です。
    • エクスポートカテゴリタイプ「アラート」を指します。
    • ストリームエクスポートAWSサブスクリプションのEventBridge内の関連するイベントバスの識別を指します。
    Configure-Data-Export-100
  • 完了。 「保存」をクリックします&「実行」を実行して、OpsRampからEventBridgeへのアラートストリーミングを構成します。さまざまなAWSサブスクリプションの要件と特定のタイプのアラートに基づいて、異なるタイプのストリーミングエクスポートを作成できます。次に、Amazon Kinesisを使用してEventBridgeイベントをS3バケットにストリーミングするようにAWSでワークフローを設定できます。 S3バケットにアラートがどのように表示されるかを次に示します。
    Completion-100
    Completion-01-100

OpsRampのAmazonEventBridgeとの統合により、イベント駆動型アーキテクチャの運用自動化が保証されます。当社の包括的なAPIとデータ統合により、IT運用チームは、複数のルールやカスタマイズを構築することなく、より迅速なアクションのためのイベント駆動型ワークフローを構築できます。

OpsRamp-TechTalk-CTA


Recommended posts