OpsRampの自動化フレームワークを使用して一貫性を強化する

TechTarget ITプロセスの自動化を「ワークフローを通じてツール、人、プロセスを調整および統合する機能」と定義しています。 ITプロセスの自動化により、手動タスクを、応答時間を増やし、人的エラーを減らす反復可能な自動化されたプロセスに置き換えることができます。

IT運用チームは、ビジネスが要求する急速な変化のペースに対応するのに苦労しています。 IT運用全体の生産性を向上させながら、イノベーションと俊敏性をどのように実現しますか?その答えは、Runbookの自動化としても知られるITプロセスの自動化を採用することです。

アナリスト会社 ガートナーは信じています 「ITプロセスの自動化は、IT運用管理構造の中心的な信条でなければなりません。」プロセスの自動化は、ITチームがビジネスニーズに対応し、サービス品質を向上させ、冗長なアクティビティを減らし、監査またはコンプライアンスポリシーを管理するのに役立ちます。

企業は、実用的な日常のユースケースに合わせてOpsRamp自動化を構成および適用できます。 OpsRampを使用すると、企業やサービスプロバイダーは、日常的なタスクを大規模に自動化し、反復的なタスク全体で手作業を節約し、実行の一貫性を高めることができます。

これは、後のブログ投稿で取り上げる特定のユースケースです。

  1. オンデマンドのシステム管理タスク。 IT資産全体で1回限りのアクティビティを自動化します。 OpsRampを使用して、大規模な通常のタスクを実行します。
  2. 定義されたスケジュールでのシステム管理タスク。 OpsRampは、インフラストラクチャ全体でスケジュールに従って日常的なアクティビティを実行する簡単な方法を提供します。
  3. イベント駆動型の自動化。断続的な問題イベントは、診断が難しい場合があります。このようなイベントに関するシステムの詳細なスナップショットは、根本原因に対する貴重な洞察を提供できます。 OpsRampの自動化フレームワークは、イベント駆動型のデータ収集をサポートして、問題の診断を高速化します。

プロセスの自動化は、一般的なイベントの修正に役立ち、日常のタスクの一貫した実行を保証し、定期的なメンテナンスを自動化することで問題を防ぎます。 OpsRamp自動化による複雑さの軽減と運用効率の向上について詳しく知りたい場合は、 無料のデモについては、お問い合わせください。

OpsRampがどのように役立つかについての詳細をご覧ください 日常的な管理タスクを自動化する重大なイベントコンテキストで根本原因を割り当てる


Recommended posts