OpsRampのITOM + CherwellのITSMでアジャイルインシデント管理を採用

本日、OpsRampチームはとの新しい統合を発表します チャーウェルソフトウェア at the 2018 Cherwell Global Conference. This 双方向統合は、OpsRampとCherwellの顧客がカスタマイズや開発を必要とせずに環境に適用できるCherwellの特許取得済みのMergeable Application(mApp)テクノロジーを活用します。

OpsRampにはすでに数百がありますが統合 for モニタリング, 管理, オートメーション and リモートアクセス、Cherwellとの新しいパートナーシップはユニークです。これは、IT運用チームが デジタルオペレーションコマンドセンター ITSMと組み合わせてインテリジェントインシデント管理.

The Challenges of Incident Management At Scale

図1-インシデントの特定、優先順位付け、および解決は、企業規模では容易ではありません。

最新のITチームは、OpsRampのAIOps対応のデジタル運用を活用できます クラウド platform CherwellのITサービス管理(ITSM)機能を2つの強力な方法で使用します。

  • IT運用とサービス管理: OpsRamp’s 統合サービスディスカバリ and マルチクラウドインフラストラクチャの監視分散およびハイブリッドITリソースを簡単に見つけて監視し、それらをビジネスクリティカルなサービスにマッピングできるようにします。ユーザーは、OpsRampのAIOps対応の推論エンジンを使用してビジネスパフォーマンスに影響を与える重要なアラートを特定し、それらをCherwell内で直接意味のあるインシデントに変換して、より迅速に復元できます。
  • 構成管理データベース(CMDB)の統合: OpsRampの動的なハイブリッド対応の検出エンジンは、関連するすべてのIT資産情報をスマートストアにプッシュします。スマートストアは、CMDBデータを同期して、透明性と可視性を向上させます。の最新の代替品です構成アイテムのレコードを追跡する手動スプレッドシート。

OpsRampのチーフレベニューオフィサーであるMikeMunozは、次のように述べています。 「IT運用管理とITサービス管理を組み合わせたこの統合ソリューションは、まさにデジタルビジネスの未来です。」

この新しい統合ソリューションをCherwellの顧客に提供するために、OpsRampは T4S Partners、Cherwellの実装を専門とするITコンサルティングおよび専門サービス会社。

、Cherwellの実装を専門とするITコンサルティングおよび専門サービス会社。

Both our companies are 現在、9月18日から20日にコロラドスプリングズで開催されるCherwell Global Conferenceで、この新しい統合のデモを行っています。 OpsRampはブース107で、T4Sパートナーはブース207で展示されます。コロラドスプリングズエリアにいる場合は、無料のカスタムデモンストレーションとOpsRampの「ControltheChaos」Tシャツをご覧ください。

Next Steps:

[Report] Top Trends In AIOps Adoption


Recommended posts