ナレッジベース、リモートマルチコンソールセッションなどをご紹介します。

Knowledge Base

OpsRamp 3.7.0をリリースしました。これには、次のようなエキサイティングな新機能が含まれています。

  • 知識ベース 完全に統合された知識管理機能のために
  • リモートマルチコンソールセッション 複数の同一デバイスの管理を簡素化します
  • アラート管理の機能強化 新しいレポート、ダッシュボード、アラート詳細画面の更新を含む

知識ベース

OpsRampが新しいナレッジベース機能を介してナレッジマネジメントをサポートするようになったことをお知らせします。 IT組織は、OpsRamp IT運用管理プラットフォームと完全に統合された、トラブルシューティングのヒントや標準的な運用手順など、一般的に使用される情報を表すナレッジ記事を作成、共有、および保守できるようになりました。

ナレッジベースは、カテゴリ全体のハウツー記事を整理し、この情報をデバイスグループおよび監視テンプレートに関連付けて、IT部門およびビジネスユーザーが最新かつ正確なIT運用に関する情報をすばやく見つけられるようにします。 ITチームは、一般的なITの問題に対処し、セルフサービスのナレッジ記事を通じてサポートコールの量を減らすユーザー生成コンテンツを作成して共有することもできます。

Knowledge Base

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リモートマルチコンソールセッション

OpsRampにより、ユーザーは複数のデバイスを選択し、これらのデバイスで1回のアクションでリモートコンソールを起動できるようになりました。ユーザーは、単一のUIから複数のコンソールを操作して、同じコマンドをブロードキャストし、複数のコンソール間でSCPファイル転送を実行できます。

より多くのIT組織がDevOpsの原則を採用するにつれて、たとえば、同一のクラウドインスタンスのクラスターを管理する機能により、アジャイル開発と継続的インテグレーションを実現するために必要なIT運用がさらに簡素化されます。 

Remote Multi-Console Sessions

アラート管理の機能強化

OpsRampのアラート管理機能の数を更新しました

  • クライアント、デバイスタイプ、サイトなどの定義されたパラメータに基づいてアラートを出力する新しいアラートレポートが利用可能であり、定期的に配信するようにスケジュールできます。
  • 現在または過去のアラートと検索機能を表示するためのユーザー定義ビューを備えた拡張アラートダッシュボード
  • 刷新されたアラート詳細ページにより、ユーザーはアラート、関連アラート、および関連チケットの要約情報を確認できます。

Alert Management


Recommended posts