OpsRampがIT運用管理をサービスとして実現する方法

IT operations management teams are increasingly being asked to deliver and manage business critical IT services over a supply chain of on-premise and cloud based resources. This transformation calls for a new paradigm, サービスとしてのIT運用管理、IT運用管理機能を統合します。

サービスとしてのIT運用管理の推進要因

以前は、IT資産(サーバー、ストレージ、ネットワークデバイス、およびアプリケーション)はすべて、同じ場所である共有データセンターからのものでした。今日のIT資産は、多くのプロバイダーを含む多様なITサプライチェーンからのものであり、オンプレミスとクラウドの両方でホストされています。仮想インフラストラクチャプロバイダーとサービスベンダーとしてのインフラストラクチャは、現在、従来の社内の物理インフラストラクチャを補完しています。今日のほぼすべての企業は、ITインフラストラクチャをインストール、保守、またはアップグレードする必要なしに、少なくとも1つのサービスとしてのソフトウェア(SaaS)ベースのアプリケーションを使用しています。

パブリッククラウドコンピューティングは、ITリソースに新しいコストの透明性をもたらしました。クラウドプロバイダーからオンデマンドでリソースを購入できるようになったため、ビジネスリーダーは、各リソースのコストとそれが提供する価値を明確に把握する必要があります。管理者は、クラウドインフラストラクチャプロバイダーとアプリケーションベンダー、またはオンプレミスのアプリケーションとインフラストラクチャーなど、どのタイプのリソースが長期間にわたってより良い取引を提供するかを理解したいと考えています。これには、ITがさまざまな種類のITリソースのコストと利点を可視化する必要があります。

IT運用管理をサービスとして提供

今日、IT運用は、オンプレミスおよびクラウドベースのリソースのサプライチェーンを使用して、サービスとして一元的に提供する必要があります。 IT運用をサービスとして提供するIT部門として、一般的な管理サービスのカタログ (事業部門がサインアップできる構成管理、Runbookの自動化、監視、保守、アラート管理、イベント管理、およびインシデント管理)。 IT運用管理をサービスとして提供するための4つの主要な機能があります。

  1. 統一された可視性と制御。ITサプライチェーン全体でリソースを管理するために、IT管理者は、発生する問題を解決するための管理制御とともに、これらのITリソースのパフォーマンスに関する特定のメトリック(可用性、応答時間、容量使用率、および構成)を必要とします。
  2. セルフサービスアクセス。 ITチームは、各ユーザーがログインして独自の要素を表示し、ダッシュボード、アラート、レポートを確認し、自動化スクリプトを実行できるように、セルフサービスエクスペリエンスを提供する必要があります。複数のビジネスユニットをサポートする場合、各ビジネスユニットは独自の見解を得ることができます。複数の顧客に管理サービスを提供する場合、各顧客が自分のIT要素の管理情報を表示できるように、サービスはマルチテナンシーをサポートする必要があります。
  3. サービスのカスタマイズ。複数のビジネスユニットにまたがるサービスとして運用管理を提供する場合、各ユニットには異なるニーズがあります。たとえば、ある部門が毎週のスケジュールでサーバーにパッチを適用し、別の部門が毎月のスケジュールでサーバーにパッチを適用したい場合があります。 IT運用は、企業全体のビジネスユニットのさまざまな要件を満たすことができる必要があります。
  4. サービスレベルとコストの可視性。顧客は、ITリソースのパフォーマンスを理解するために定期的に確認できる標準化されたメトリックとともに、明確に定義されたサービスレベルの測定値を期待しています。ビジネスユーザーは内部サービスとクラウドベースのサービスのどちらかを選択できるようになったため、ITは、情報に基づいた選択を行うための基礎として、さまざまなプロバイダー(社内ITを含む)からリソースを取得するのにかかるコストを見積もる必要があります。

OpsRampは、エンタープライズITチームが基幹業務のサービスプロバイダーとして機能できるようにする唯一の包括的なIT運用管理ソリューションです。 OpsRampは、IT運用の提供を大幅に簡素化し、インフラストラクチャ全体を1つのガラス板で管理し、IT管理をサービスとして実装するために必要なすべてを提供します。 OpsRampを使用すると、IT運用チームは、エンタープライズグレードのガバナンスと制御を維持しながら、便利なセルフサービスモデルでクラウドベースのオンプレミスサービスを提供できます。

画像ソース:ウィキペディア

Recommended posts