OpsRampのポリシーベースの管理で体系的なITプロセスの自動化を推進

「自動化せずにIT環境を展開および管理することは、間違った作業方法です。自動化スクリプトは、仕事に使うのはもはや便利ではありません。ビジネス上必要なものです。」

- TechTarget、 これらのIT自動化スクリプトは、ほとんど労力をかけず、多くの作業を節約します

ITプロセスの自動化に関する問題

ビジネスユニット全体のデジタル運用管理のための効率的かつ効果的なサービス提供をどのように確立しますか?グローバル企業は、サイロ化されたチーム全体にITスタッフを分散させています。つまり、運用プロセス、保守手順、およびインシデントのトリアージに関する知識は、広く共有、文書化、または利用可能ではありません。

ほとんどのITチームがより少ないリソースでより多くのことを行うように求められていることを考えると、スマートが必要です 自動化管理 これにより、戦略的なITの必須事項に集中し、事後対応を停止できます 消防。 ITチームには、自動化スクリプトとポリシーの形で多くの部族の知恵がありますが、ポリシーベースの管理を一貫性のある予測可能な方法で使用するには多くの課題があります。 ITプロセスの自動化について考慮すべきいくつかの質問があります。

  • IT運用の自動化スクリプトにアクセスするための単一の中央の場所はありますか?
  • 特定のインシデントに対してポリシーがどのように機能するかについて、共通の理解がありますか?
  • 重大なイベントが発生したときに、自信を持ってポリシーにアクセスして実行できますか?
  • ポリシーが失敗した場合の次のステップを把握していますか?
  • ポリシーを実行するための適切なツールセットにアクセスできますか?
  • ポリシーのコレクション全体を、修復、トリアージ、または日常的な操作の下で正しく分類しましたか?

スマートオートメーションでIT運用を変革

OpsRampでは、標準の運用手順、インシデントの修正、および日常の自動化ポリシーを1か所に保存できるITプロセス自動化フレームワークを構築しました。自動化ポリシーの3つの利点は次のとおりです。

  • 一般的に使用されるポリシーの組み込みライブラリを活用して、ITインフラストラクチャの運用を自動化および標準化します。
  • PowerShell、Python、Perl、Windowsコマンドスクリプト、Visual Basic、PHPなどの任意のスクリプト言語を使用します。
  • 非標準操作による欠陥を減らし、一貫した実行を通じてサービス提供を改善します。

OpsRampを使用すると、次のことができます。次の3つのモードを使用して、組織の知識を取得しながら、インシデントをより迅速に解決します。

アドホック実行. 問題をすばやくトラブルシューティングする必要がある、または問題を分析するために特定のリソースからすぐに出力する必要がある1回限りの状況がありますか? OpsRampのアドホックポリシーを構成して、1回限りのタスクを実行し、作業が完了するとシャットダウンします。

スケジュールされた実行。 特定の時間にアプリでパフォーマンスの問題が発生するシナリオはありますか? OpsRampのスケジュールされた実行を使用すると、インシデント処理のために特定の時間に(または定期的に)ポリシーを自動的にトリガーできます。

Apply_Script_to_Device

図1-OpsRampのスケジュールされたポリシーで繰り返し発生する問題を管理します。

Runbook Automation. 定期的に直面する可能性のあるシナリオは次のとおりです。「トランザクションの大幅な急増は、OSレベルでビジネスクリティカルなサービスに影響を与える可能性があります。これらのトランザクションは、ディスク容量をいっぱいにし、CPU / RAMの速度を低下させ、特定のプロセスを強制終了することにより、カスタマーエクスペリエンスに影響を与える可能性があります。」

人間のオペレーターを関与させることなく、このような頻繁に発生する問題にどのように対処しますか?繰り返し発生するインシデントが定期的に発生する場合は、OpsRamp Runbookを特定のイベントに添付して、自動修復します。修理の平均時間を短縮することで、手動による介入を減らし、サービスレベルを満たします。

RunBook_Automation_New_AutoSOP

図2-Runbookの自動化により、サービス品質を向上させ、冗長なアクティビティを削減します。

シナリオ:Windows Serverでのリモートセッションの管理(enable_disable_rdp.vbs)

これは、Windowサーバー上のリモートセッションを管理するためのVisual Basic(VB)自動化スクリプトの例です。このポリシーをOpsRampプラットフォームに保存し、OpsRampエージェントによって管理される一連のWindowsサーバーに割り当てることができます。ポリシーのスケジュール中にスクリプトパラメーター(有効および無効)を構成することもできます。

const HKEY_LOCAL_MACHINE = &H80000002 
strComputer = "."
On Error Resume Next 

Dim optionval
If WScript.Arguments.Count > 0 Then
        optionval = WScript.Arguments(0)
        Else
        WScript.Echo "Invalid arguments"
        Wscript.Quit
End If

If optionval = "enable" or  optionval = "disable" Then
Else
        WScript.Echo "Invalid arguments"
        Wscript.Quit
End If

Set oReg=GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}!\\" &_  
strComputer & "\root\default:StdRegProv") 
If Err.Number <> 0 Then 
  WScript.Echo "An error has occurred."  
  WScript.Quit 
End If 
 
strKeyPath = "SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server" 
strValueName = "fDenyTSConnections" 
 
oReg.GetDWORDValue HKEY_LOCAL_MACHINE,strKeyPath,strValueName,dwValue 

If optionval = "enable" Then

        If dwValue = 1 Then 
                dwValue = 0 
                oReg.SetDWORDValue HKEY_LOCAL_MACHINE,strKeyPath,strValueName,dwValue  
                WScript.Echo "Remote Desktop is now Enabled on " & strComputer 
                set oReg=nothing
                WScript.Quit 
        ElseIf dwValue = 0 then 
                WScript.Echo "Remote Desktop is already Enabled on " & strComputer 
                set oReg=nothing
                WScript.Quit  
        End If
        End If

If optionval = "disable" Then

        If dwValue = 0 Then 
                dwValue = 1 
                oReg.SetDWORDValue HKEY_LOCAL_MACHINE,strKeyPath,strValueName,dwValue  
                WScript.Echo "Remote Desktop is now Disabled on " & strComputer 
                set oReg=nothing
                WScript.Quit 
        ElseIf dwValue = 1 then 
                WScript.Echo "Remote Desktop is already Disabled on " & strComputer 
                set oReg=nothing
                WScript.Quit  
        End If

End If

結論

知識と専門知識がIT運用機能のさまざまなドメインチームにどのように分散しているかを考えると、OpsRampの自動化ポリシーは、一元的にアクセス可能な場所で組織のノウハウを構築、共有、保持するための優れた方法です。

次のステップ:

Meet the OpsRamp team at Gartner Catalyst!


Recommended posts