Markley Groupは、OpsRampによる可視性の向上、自動化を実現

マークリーグループ はボストンを拠点とするデータセンターのリーダーであり、300万平方フィートのデータセンターポートフォリオを通じてコロケーションおよびプライベートクラウドサービスを提供しています。同社は、クラウドなどがなかった1991年に設立されました。 MarkleyGroupのエンジニアリングディレクターであるPatrickHouston氏によると、今日、顧客の多くはパブリッククラウドで実験を行っていますが、プライベートインフラストラクチャでの実行に適した、またはより手頃なワークロード要件を持っていることがよくあります。同社は、ホスティングサービスをディザスタリカバリとバックアップ、および直接接続で補完しています。 AWS. 「私たちにとって、それはすべてお客様に選択肢を与えることです」とヒューストンは言います。 

しかし、競争の激しいITインフラストラクチャサービス市場で存続するには、柔軟性と最高のパフォーマンスおよび信頼性を組み合わせる必要があります。 Markley Groupは、基盤となるテクノロジーに関係なく、顧客に高品質のサービスを提供し続けることができるように、古い監視ソリューションをOpsRampのマルチテナントSaaSプラットフォームに置き換えました。

OpsRampは、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドのいずれのインフラストラクチャも監視できるため、ハイブリッド環境とマルチクラウド環境を実行しているお客様に最適です」とヒューストン氏は言います。


OpsRampがMarkleyGroupとその顧客に価値をもたらす方法は次のとおりです。

  • サービスマップと実用的なダッシュボード: OpsRampを使用すると、Markleyは作成できるようになります service maps 個々のビジネスサービスの場合、関連するダッシュボードにアクセスしてコンポーネントにドリルダウンします。たとえば、 VMware Markleyチームは、ストレージやWebポータルなど、サービスをサポートするすべてのテクノロジーのステータスを表示し、サブサービスにドリルダウンして実際の問題を特定できます。 
  • 監査人のためのトポロジーマップ: MarkleyGroupはOpsRampにも価値を見出しています topology maps これは、アプリケーションコンポーネントとインフラストラクチャの関係を示しています。最近のISO27001の監査中に、Markleyのチームは、自動的に更新されるネットワークトポロジとサーバーインフラストラクチャを監査人に示すことができました。 
  • 自動化のロードマップ:Markleyは、Ansibleへの投資から始めて、より優れたIT自動化に向けて急成長を始めています。 OpsRampとAnsibleの統合は、ITプロセスとワークフローをより効率的かつ正確にするための道のりに役立ちます。 
  • 簡略化されたパッチ: 同社は、OpsRampを単一のシステムとして使用して1つのブラウザウィンドウからすべてのパッチ適用タスクをスケジュールおよび実行することにより、主要なオペレーティングシステムにパッチを適用するためのメンテナンスウィンドウを6分の1に削減しました。 「これは、パッチ適用中のスケジュールされたダウンタイムが少ないため、私たちとお客様にとってリアルタイムの節約の利点です」とヒューストン氏は述べています。
  • 事業価値: Markleyが専門知識を獲得したように OpsRampプラットフォーム, ヒューストンによれば、IT組織は、すべてのIT運用を管理するための単一のガラス板およびコマンドセンターとしてそれを使用する可能性を認識しています。 「この機能は、クラウドビジネスの成長に役立つだけでなく、このサービスをお客様に再販することで別の収益ラインをサポートするはずです。” 

ケーススタディ全体を読む ここ.

次のステップ:

OpsRamp-TechTalk-CTA


Recommended posts