OpsRamp 2019年4月:アラート管理、クラウドモニタリング、API

NS3月のOpsRampプラットフォームの更新 以下が含まれています:

  • の推論コンテキストの改善事故管理
  • の新しいクラウド監視機能 AWSMicrosoft Azure ワークロード
  • ユーザーインターフェイスの更新

必ずチェックしてください 新機能ページ 最近のすべての更新。お客様とパートナーは、リリースノートのすべての詳細を確認する必要があります。今月の新機能の概要は次のとおりです。

アラート管理

OpsRampのコア OpsQ、AIOpsイベント管理エンジン、推論モデルは、同様のアラートをグループ化して、個々のアラートによって生成される不要なノイズを減らすプロセスです。ユーザーは、インシデント中に複数の個別のアラートをふるいにかける必要がなく、推論を管理してノイズを減らすことができます。たとえば、ネットワークリソースの停電は、ネットワークリソースに依存する他のリソースに影響を与える可能性があります。このシナリオでは、依存する各リソースが同様のアラート通知を生成します。

OpsQ推論モデルは、依存リソース全体で生成されたアラートをネットワークリソースで生成されたアラートと相関させるため、インシデント管理チームはイベントストームや重複した作業に対処する必要がなくなります。重大な停止時に解決までの平均時間を短縮するのに役立つ、サービス中心のAIOps用の新しいOpsRamp機能は次のとおりです。

  • 推論コンテキスト:推論と推論から作成されたインシデントには、解釈と操作を容易にするための追加の属性とアクションが含まれるようになりました。
  • 推論の主題: 推論には、推論内の最初の相関アラートのサブジェクトに対応するサブジェクトが含まれるようになりました。
  • 推論メトリック: 推論は、推論内の最初の相関アラートに関連付けられたメトリックに対応するメトリックに関連付けられるようになりました。
  • 最初のアラート時間:推論には、推論内の最初の相関アラートの最初のアラート時間に対応する最初のアラート時間が含まれるようになりました。OpsRamp_First_Time_Alerts
  • 推論リソース: 推論には、推論内の最初の相関アラートに関連付けられたリソースに対応するリソースが含まれるようになりました。
    OpsRamp_Inference_Resources
  • 推論アクション:推論が抑制、確認、発券、またはクローズされると、推論に関連付けられた各アラートに同じアクションが自動的に適用されます。
    OpsRamp_Inference_Actions
  • 推論インシデント:推論から作成されたインシデントには、推論に関連付けられた各アラートに関連付けられたすべてのリソースが含まれるようになりました。経由で作成されたインシデント外部ITSMシステムとの統合このリソース情報を伝えます。

>>次の一歩: OpsRampOpsQの詳細

AzureとAWSのクラウドモニタリング

  • Microsoft Azure Autoscaleメトリック: OpsRampは強力な クラウドネイティブの監視と管理 45以上のAzureサービスの機能。これにより、Azureクラウドインフラストラクチャ(仮想マシン、Webアプリ、データベース、データレイク、IoTデバイス、VPNゲートウェイなど)のパフォーマンスメトリックとコンテキスト通知を即座に確認できます。 Azureモニターには、次の追加の仮想マシンスケールセットメトリックが含まれるようになりました。
    OpsRamp_Microsoft_Azure_Autoscale_metrics
  • AWS CPUクレジットメトリクス: OpsRampを使用すると、30以上のAWSサービスをサポートして、動的クラウドアーキテクチャを簡単に視覚化、管理、トラブルシューティングできます。 2019年4月の更新により、EC2モニターにCPUクレジット関連のメトリックが含まれるようになりました。これらのメトリックを使用すると、CPUクレジットに関連するアラートを自動的に受信できます。
    OpsRamp_AWS_CPU_credit_metrics

>> 次の一歩: 詳細については OpsRamp for AWS およびOpsRampfor Microsoft Azure.

ユーザーインターフェイスの更新

NS2019年1月リリース インフラストラクチャのユーザーインターフェイスにメジャーアップデートが導入されました。これらの更新は、4月の更新とともに製品ライン全体で継続されます。次のページのルックアンドフィールが改善されました。

  • アラートブラウザ:アラートリストは、列の境界がなくても読みやすくなっています。アラートビューとフィルター管理も合理化されています。
    OpsRamp_Alert_browser
  • アラートの詳細: 新しいヘッダーには、アラートに関する重要な情報が1行で表示されます。
    OpsRamp_Alert_details
  • レポート:OpsRampのレポートリストと定義を簡略化しました。さらに、ユーザーレポートが拡張され、ユーザー権限セットの詳細が含まれるようになりました。カスタムレポートは、アラートのタイムスタンプ、アクション、およびソースに関する情報を含む要約されたアラートチャートを提供するようになりました。
    OpsRamp_Reports

新規および更新されたAPI

OpsRampは、管理リソースに関する情報をOpsRampから取得し、管理リソースに関する情報をOpsRampに送信し、管理アクションを実行するようにOpsRampを構成するためのRESTAPIを提供します。あなたもできますOpsRampのRESTfulAPIフレームワークを使用して独自のカスタム統合を構築する。 2019年4月の更新には、次のAPI更新が含まれています。

  • アンチウイルス:デバイスで利用可能なウイルス対策定義を取得するための新しいAPI。
  • サイト: サイトAPIが更新され、zipフィールドがサポートされるようになりました。
  • リソース:新しい検索詳細APIは、ユーザーが最小限のリソース詳細で大規模なリソースを検索するのに役立ちます。

次のステップ:

cta-2


Recommended posts