OpsRampプラットフォームの更新:アラート管理、RBAC、および統合

マルチテナントのサービスとしてのソフトウェア(SaaS)プラットフォームとして、継続的に提供しています OpsRamp platform更新と革新。何が新しく、何が次に、そしてこれらの新機能をどのように活用できるかを強調する、私からの定期的な一連の投稿を探してください。これが私たちが提供しているすべての最新のアップデートの要約です IT運用管理(ITOM)プラットフォームへ 4月中:

  • 可用性の監視
  • ロールベースのアクセス制御の強化
  • 可用性レポート
  • 新しいAPI

可用性の監視

2018年4月の更新により、メンテナンス期間中の可用性の監視と測定をよりきめ細かく制御できる新しいクライアントレベルの設定が追加されました。。この新しい設定により、メンテナンス中のリソースが使用可能かどうかを制御できます。

Availability-Settings

ロールベースのアクセス制御

私たちのプラットフォームの最も強力な機能の1つは、役割ベースのアクセス制御(RBAC)メカニズムです。 RBACは、ユーザーがOpsRamp内の特定のリソースに対して実行できる操作を制限する機能のコレクションを提供します。 OpsRampでRBACを有効にする機能は次のとおりです。

  • ユーザーとユーザーグループ
  • デバイスとデバイスグループ
  • 資格情報
  • 権限と権限セット
  • 役割

Role-Based-Access-Controls

2018年4月のリリースでは、リソースに対してコマンドを実行できるユーザーをよりきめ細かく制御できるようになります。このアップデートは、OpsRampプラットフォーム内でユーザーが実行できることと実行できないことについてより良いガバナンスを必要とする企業顧客およびパートナーからの一般的な要求に対応します。

RBAC-Permissions

可用性レポート

事前に作成されたレポートは、最も人気のあるOpsRampプラットフォーム機能の1つです。顧客は毎日、管理されたIT運用環境に関する正しい洞察を得るためにこれらのレポートに依存しています。

2018年4月のリリースでは、可用性スコアレポートのオプションが改善され、日々の改善を理解できるようになりました。
Report-Generation-Schedule今後のリリースで登場するいくつかの驚くべき新しいカスタムレポート機能にご期待ください。

新しいAPI

OpsRampではAPIファーストです。 UIで実行できるほぼすべての操作は、APIを介して利用できます。 2018年4月のリリースでは、数百台のデバイスにわたってディスク監視のしきい値をカスタマイズおよび調整するための新しいAPIが導入されました。この機能により、生産性と効率が大幅に向上します。 APIの詳細については、 ドキュメントサイト

また、お客様とパートナーへのリマインダーとして、2018年3月のアップデートが配信されました。

  • アラート管理とエスカレーションの改善
  • 統合の広範なライブラリの更新

簡単な要約は次のとおりです。

アラート管理とエスカレーションの改善:

アラートからリソースの詳細へのより簡単なナビゲーション:

Alert_Esclationアラートエスカレーションポリシーで通知制限を繰り返します。 

Alert-Escalation-Policy

スケジュールされたメンテナンスウィンドウ内のアラートメトリックフィルター:

Alert-Conditions

インシデントの説明にあるアラートタイムスタンプの詳細:

Alert-Time_Stamp

Updated 統合:

カスタム統合内の追加のチケットステータスオプション:

Custom_Integrations

統合内の監査ログビューの改善:

Improved-Audit_Log

詳細については、OpsRampプラットフォーム新着情報、アカウントチームにお問い合わせください。また、私たちをチェックすることができますvideos また お問い合わせ カスタムデモンストレーション用。 5月のリリースでは、いくつかの優れたイノベーションが計画されています。ご不明な点やご意見がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Do you want to know more about OpsRamp?


Recommended posts