IT連盟

今日のITでは、インフラストラクチャとそれをサポートする専門家のリソースの調達方法に影響を与える2つの構造変化が起こっています。 ITは連合になりつつあります。最新のITでは、インフラストラクチャは分散ソースから提供され、中堅企業はニーズを満たすために外部からの専門知識をますます求めています。 それはITにとってどういう意味ですか?

ITが単一のモノリシックコストセンターを管理する時代は終わりました。クラウドコンピューティングと仮想化の革新により、フォーチュン100に選ばれた最小の企業は、クレジットカードを使用するだけで、いつでもどこからでもインフラストラクチャリソースとアプリケーションを取得できます。 「「シャドーIT」が主流のフレーズになり、ITは、これらの要素を消費するビジネスグループのニーズを満たしながら、コンプライアンス、セキュリティ、およびガバナンスのために、これらの要素を単一の運用フレームワークの下に置く必要があることが広く認識されています。

ITニーズのこの急速な進化に伴い、組織は、ますます広がる専門知識を社内で維持するという課題に直面しています。 OEMが販売後の製品をサポートする責任が大きくなり、パートナーがプロジェクトや実装を超えてエンタープライズITと協力して通常の運用をサポートするようになると、「内部」と「外部」の境界があいまいになります。大企業は引き続き「アウトソーシング」モデルを利用する可能性がありますが、アジャイルな中規模企業は、外部のサービスプロバイダーから「共同調達」して、オンデマンドで専門知識を戦略的に活用します。

現代のITは、企業内の複数の事業部門にサービスとして共有IT運用とサービス管理を提供するITのパラダイムシフトです。 ITのフェデレーションは、エンタープライズITがこのように動作する必要性を加速します。分散リソースにはガバナンスが必要ですが、ITがこれまでにないほど柔軟になり、サービスレベルを満たし、ビジネスに洞察を提供できるようになります。

サービスプロバイダーとして成功するには、ITは運用を変革し、ITフェデレーションを採用するだけでなく、適切なツールを使用して、ビジネスに代わってテクノロジーの障害や機会を先取りするための可視性と管理スイートを提供する必要があります。 単一のガラス板は、IT要素がどこにあるか、何であれ、見通し線を提供し、適切なアクセス権を持つすべての人がインフラストラクチャの任意の部分を表示またはリモートで管理できるようにします。

「クライアント」は、レポートする個別のエンティティとして、またはすべての操作の統一されたビューで扱うことができます。インシデントチケットは、OEM、マネージドサービスプロバイダー、またはリモートで安全にアクセスしてトラブルシューティングできるサービスプロバイダーのマーケットプレイスと共有できます。 

A  SaaSアーキテクチャは、分散型の複雑なIT環境をサポートするのに理想的です。 「エバーグリーン」ソリューションと継続的なイノベーションの利点に加えて、マルチテナンシーにより、プラットフォーム全体のベストプラクティスと更新された標準操作手順の恩恵を受けることができます。

OpsRampのビジョンは現代のITのニーズを満たすためにIT管理に革命を起こす。このテクノロジーは、IT連合からの新しい時代の課題と機会に対処するために特別に構築されました。 


Recommended posts