Vistara 3.1:統合されたIT運用の提供

Vistaraは本日、最新バージョンのVistara 3.1のリリースを発表しました。これには、統合されたIT運用管理のための高度な機能が含まれています。新機能には、ユーザー定義またはオンデマンドベースでスケジュールできる自動レポート機能と、セキュリティを強化するための詳細レベルでのアクセス制御のサポートが含まれます。

このリリースでは、VistaraはMicrosoft SharePointやLyncなどの一般的なアプリケーションのパフォーマンスダッシュボードを提供し、一般的なNoSQLデータベースとWebインフラストラクチャアプリケーションのサポートを拡張します。 Vistaraはまた、マルチコンポーネントアプリケーションの状態を監視することをより簡単にし、アラートの全体的な影響を理解することをより簡単にしました。最後に、Vistara 3.1は、企業またはサービスプロバイダーレベルでデバイスSKUを管理する簡単な方法を提供します。

スケジュールされたレポート

Vistaraにより、IT管理者は、指定されたスケジュールで、または要求に応じて電子メールでレポートを受信できるようになりました。レポートは、毎日、毎週、または毎月の定期的なスケジュールで、またはオンデマンドで実行するように設定できます。レポートのスケジュールはユーザーごとにカスタマイズでき、ユーザーは表示可能なレポートが電子メールで通知されます。

デバイス、デバイスグループ、および資格情報レベルでの役割ベースのアクセス制御

Vistaraは、デバイス、デバイスグループ、または資格情報セットの粒度で拡張アクセス制御を提供します。 ITチームは、同じデバイス上で異なるユーザーに異なるアクセス許可のセットを割り当てることができます。この機能は、Vistaraの既存のマルチテナンシー機能を補完し、提供する機能をさらに向上させます共通の運用管理は共有サービスとして機能します 複数の事業部門に。

MicrosoftSharePointおよびLyncのダッシュボード

Vistaraは、Microsoft SharePointおよびLyncの主要なパフォーマンスおよび構成データのダッシュボードを、Active Directory、Exchange、IIS、SQLServerなどのMicrosoftアプリケーションの既存のダッシュボードに追加するようになりました。 Lyncダッシュボードは、サーバー構成、サーバーの役割、サービスとプロセスの情報、およびユーザー情報に関する情報を提供します。

Lync Dashboard

Microsoft SharePointダッシュボードは、サービスとプロセス情報、1日あたりのページビュー、最も人気のあるページ、タイプ別のビュー数、および各ドキュメントに関する情報(ドキュメントのサイズ、バージョンの数、バージョンのサイズ、およびSharePointの合計サイズ):

SharePoint Dashboard

オープンソースデータベースとインフラストラクチャの監視

Vistaraは、人気のあるオープンソースのNoSQLデータベースとWebインフラストラクチャアプリケーションの監視サポートを提供します。このリリースでは、次のデータベースとアプリケーションのサポートが追加されました。

  • カウチベース
  • Redis
  • Apache ActiveMQ
  • Memcache

マルチコンポーネントアプリケーションのカスタムメトリック

Vistaraは、 availability and performance 単一の論理ITサービスを構成するアプリケーションまたはデバイスの数。この機能により、カスタムメトリックを使用した複雑なITサービスの管理が可能になります。

  • ITサービスのスタンバイ、フェイルオーバー、および冗長コンポーネントの総可用性メトリックを定義します。
  • コンポーネントレベルのメトリックの平均、最小、最大、または合計に基づいて、総合的なパフォーマンスメトリックを定義します。

Service Monitor

アラートの影響評価

Vistaraのすべてのアラートには、システム管理者がアラートの影響を判断するのに役立つ詳細情報が付属しています。アラートの影響情報には次のものが含まれます。

  • デバイスが属するデバイスグループ。
  • デバイスが属するサイト。
  • デバイスが参加するサービス。
  • デバイスに関連付けられたサービスレベル。

簡素化されたSKU管理

エンタープライズユーザーとパートナーユーザーは、クライアントのデバイス全体でSKUを管理できるようになりました。パートナーユーザーは、クライアントデバイスにSKUをすばやく割り当て/割り当て解除でき、新しいレポートに各クライアントに割り当てられたSKUが表示されます。 SKU管理により、サービスプロバイダーと複数のクライアントを持つエンタープライズIT運用チームは、クライアント全体のSKUを追跡できます。


Recommended posts