新興のクラウドサービス管理ベンダーを誰と呼んでいますか?

ビスタラはによって認識されています エンタープライズ戦略グループ(ESG) 同社の2013年3月の市場概要レポートで新興のクラウドサービス管理ベンダーとしてクラウドサービス管理ソフトウェア.

なぜビスタラ?一言で言えば、それはテクノロジーです。レポートでは、ESGは、単一のエンタープライズコマンドセンターからオンプレミスのプライベートクラウドとパブリッククラウドの運用を管理および統合する機能について、Vistara IT Operations Platform(ITOP)を認めています。レポートはさらに、IT組織がCSPへの変換を成功させるために必要な10のコアコンポーネントに焦点を当てています。これらには、自動化、シングルサインオン(SSO)、ガバナンス、リスクおよびコンプライアンス(GRC)、サービス管理、サービスカタログ、変更管理データベース(CMDB)、サービスデスク、オーケストレーション、チャージバック、およびフェデレーションが含まれます。そして、10個すべてを満たす唯一のクラウドサービス管理ベンダーは誰だと思いますか?了解しました。ビスタラ。

ビスタラのCTOであるVarmaKunaparajuは、ESG市場の概要についてコメントし、次のように述べています。もう1つの重要な差別化要因は、ビスタラの単一ペインのガラスビューを使用してハイブリッドIT環境をリモートで管理およびサポートする場合の、シンプルで使いやすいCSPエクスペリエンスです。」

ESGによるビスタラの認識について詳しくは、OpsRamp.comのプレスリリースをご覧ください。


画像クレジット:ESG


Recommended posts