マネージドサービスプロバイダーの新しい義務

組織は、世界的大流行の突然の発生に対処するために、リモートワーキング、デジタルトランスフォーメーション、およびクラウドの採用を倍増させました。 NS 小&P 2020年3月のグローバル調査 コロナウイルスの発生により、企業の41%がすでに「内部ITリソースへの負担が増大している」ことがわかりました。利害関係者の要求に対応し、ビジネスクリティカルなサービスが常に稼働していることを確認するために、IT運用チームはマネージドサービスプロバイダー(MSP)に目を向けています。 

ダットの 2019年のMSPレポートの状況 「MSPの80%以上が、定期的なサービスから収益の一部を獲得している」ことがわかりました。企業は、次の利点を提供するため、MSPパートナーと協力し続ける可能性があります。 

  • 費用対効果. 多くの組織がIT運用を実行するためにテクノロジースタッフを雇い、維持することは費用がかかる可能性があります。 MSPを使用すると、IT支出を予測可能にする適切なリソースにアクセスできます。 
  • 技術的な専門知識。 MSPは、新しいテクノロジーを迅速に展開し、新しいビジネスイニシアチブを開始するために必要なリソースを提供するのに役立ちます。NTTの2020年グローバルマネージドサービスレポート 「技術的な専門知識がサービスプロバイダーの選択の最大の推進力である」ことがわかりました。
  • コアコンピタンス。 企業はコアビジネスに集中し続けることができ、サービスプロバイダーを使用してITを管理する複雑さに気を取られることはありません。 
  • プロアクティブなサポート。 組織は、信頼性の高いIT運用を確保し、ITスタッフが故障/修理作業で過労にならないように、マネージドサービスを選択します。 

最近のTechTalkで、「マネージドサービスプロバイダーは今すぐ立ち上げる必要があります」、OpsRampのPaulBatesとEricCookは、MSPが今日直面している課題と、現在の経済環境で顧客の期待を超える方法について話しました。 

マネージドサービスプロバイダーにとっての最大の課題 

最近 IPEDコンサルティング調査 プロバイダーは、「COVID-19パンデミックは、クラウドコンピューティングの到来と2008年の不況と同等のチャネルの変曲点を表す」と信じていることがわかりました。サービスプロバイダーはサービスに対する需要が高まる一方で、ハイブリッド環境やマルチクラウド環境からのワークロードの増加など、特定の課題にも対処する必要があります。経営幹部、部門長、開発者からの影響力が大きい購買センターのシフト。そしてより高いセキュリティリスク。  BeazleyのBreachInsights2019調査 ランサムウェアインシデントの24%は、組織のテクノロジーベンダーまたはそのMSPに起因することがわかりました。 

MSPが勝つ方法

マネージドサービスプロバイダーは、顧客の信頼と忠誠心を構築するために、卓越した才能、機敏なプロセス、および最新のツールに投資する必要があります。サービスプロバイダーが先に進むことができるいくつかの方法は次のとおりです。

  • 一元化された可視性を推進します。 スタンドアロンの監視ツールの採用により、分散ITサービスの状態とパフォーマンスを理解することが困難になっています。マネージドサービスプロバイダーは、運用上の洞察を ガラスの単一のペイン これは、複数の顧客、テクノロジー、およびツールにまたがる信頼できる唯一の情報源を提供します。
  • 自動化を採用します。 MSPは、インシデントルーティングやパッ​​チ管理などの日常的なタスクを処理できる自動化により、サービス提供チームが戦略的イニシアチブに集中できるように支援します。 
  • イノベーションを可能にします。 MSPは、次の役割を果たすことにより、顧客が市場シェアを獲得し、顧客との親密さを築くのに役立ちます。 イノベーションイネーブラー、 「クラウドオーケストレーション、インテリジェントな自動化、プラットフォームの近代化などの戦略的分野で専門知識を提供します。」 
  • 安全な操作を確保します。 リモートワークが増えるにつれ、MSPはセキュリティ違反を防ぐために顧客と提携する必要があります。サービスプロバイダーは、セキュリティを強化するために、ITポリシー管理と自動パッチ適用を強化する必要があります。 

OpsRamp’s パートナープログラム 革新的なソリューションで顧客のフットプリント、組織の収益性、市場シェアを拡大​​しようとしているサービスプロバイダーにとって理想的です。以下のウェビナースライドにアクセスするか、 オンデマンドセッション OpsRampがMSPをどのように支援できるかについて詳しく知るため。来週は、MSP向けの特定のOpsRampプラットフォームIT運用管理(ITOM)機能について詳しく説明します。 TechTalksをすべてチェックしてください ここ。

次のステップ:

Promo-OpsRamp-Offer-CTA


Recommended posts