OpsRamp 2019年3月の更新:インシデント管理とマルチクラウド、サーバーレスモニタリングにより、稼働時間の改善とリカバリの高速化

先月、OpsRampは 冬のリリース、デジタル運用管理に次のようないくつかの革新をもたらしました。

  • 影響の可視性とサービスコンテキスト: 優先順位付けとシームレスなインシデントコラボレーションを向上させるためのサービス中心性の向上。
  • プロアクティブなIT運用のためのAIOps: 最新のハイブリッドインフラストラクチャ管理のためのデータ主導の洞察。
  • クラウドネイティブモニタリングとイベント管理:リアルタイム分析にアクセスして、パフォーマンスの可視性を向上させます。 

私たちをチェックしてください新機能ページ また 詳細については、ウェビナーをご覧ください。 

2019年3月の更新 マルチテナントOpsRampSaaSプラットフォーム 次の新機能が導入されました。

1.インシデント管理のための改善された推論コンテキスト

OpsQは、OpsRampのインテリジェントなイベント管理エンジンであり、 サービス中心のAIOpsソリューション 現代のITチーム向け。 2019年3月の更新により、OpsQ推論は、推論を通じて関連付けられた各アラートに関連するリソースの詳細を提供するようになりました。

これは、包括的なリソースコンテキストを使用して、インシデントをより迅速に調査し、ITの停止をより早く解決できることを意味します。さらに、アラートエスカレーションポリシーでは、アラート属性とアラート属性の両方を使用してエスカレーションルールの条件を定義できるようになりました。resource attributes

Resources and Activity log tabs

図1-インシデントの[リソース]タブと[アクティビティログ]タブには、関連するハイブリッドリソースが表示されます。

2.AWSおよびAzureワークロードのクラウドモニタリング機能

OpsRampの MicrosoftAzureクラウドモニタリング からメトリックを収集することにより、プロアクティブなアプリケーション管理を提供できるようになりました Azure Application Insights Azureアカウント全体。

Azure Application Insights Integration

図2-AzureApplicationInsights統合を使用して関連するアプリのメトリックを監視します。

Auroraを使用してリレーショナルデータベースを自動スケーリングしているITチームの場合 OpsRampは需要を検出し、監視することもできます AmazonAuroraサーバーレス, 自動スケーリングデータベースクラスターのパフォーマンスと正常性を完全に可視化するため。

Amazon Aurora Serverless Monitoring

図3-AmazonAurora Serverlessとの統合により、可用性とパフォーマンスの高いデータベースクラスターを確保します。 

3.ユーザーインターフェイスの更新

各リソースには、リソースIDに基づいた独自のURLがあります。このURLを介してリソースの詳細ページに直接アクセスできます。

コンピューティングリソースに、代替IPと呼ばれる新しい属性が追加されました。この属性は、NATIPアドレスなどの検出不可能なIPアドレスをリソースに関連付けることができます。ユーザーが代替IPアドレスをリソースに関連付けると、リソースがプライマリIPアドレスを介して到達できない場合、Pingモニターは代替IPアドレスを使用してデバイスを自動的に監視します。.

Alternate IP Address Attribute

図4-代替IPアドレス属性を使用して継続的なパフォーマンス監視を確保します。

2019年3月のアップデートにおけるその他の機能強化の詳細については、お客様とパートナーが リリースノート.

次のステップ:

451-Research-market-map-2019-cta


Recommended posts